cocos2d for iPhone レッスンノートで詰まった俺へ

記念すべき1本目のアプリが見事にRejectされて凹んでる最中、cocos2dに手を出してみた。

日本語でのcocos2d本は、2012年7月21日時点で2冊存在する。

今回はその一冊「cocos2d for iPhone レッスンノート」を取り上げてみる。
その前に結論を言うと「良書です。」買いましょう。

タイトルに書いてあるが、へっぽこプログラマである私はすっげー丁寧に書いてあるのにことごとく詰まったのでそんな自分の為にこの記事をメモ用に書く。

いきなりだが、4章のつまりどころ(2章、3章については、覚えていない気が向いたら書く)

■180P BackgroundLayer.h
     BackgroundLayer *background = [BackgroundLayer = layer];
                                                  ↓
             BackgroundLayer *background = [BackgroundLayer = node];


* ここで詰まるってことは間違いなく飛ばし読みしてる「俺」お前だよ!お前!
 なにシューティングゲームの方が面白そうだからって4章から始めたし


■184P Cannon.h
@interface Cannon : CCNode {
    CCSprite *sprite;
    MovingState state;
    NSInteger life;
}
 ↓
@interface Cannon : CCNode {
    BOOL started;
    CCSprite *sprite;
    MovingState state;
    NSInteger life;
}


*Cannon.mでBOOL型で使ってるだろ気づけよ俺

■215P GameScene.h と GameScene.m

      NSInteger score; 
    ↓
 CCLabelTTF *scoreLabel;
    NSInteger score;

*scoreとscoreLabelは別物だ。よくソースコードを見ろ。
あと

-(void)addScore:(NSInteger)reward;v
                     ↓
-(void)addScore:(NSInteger)reward;

*間違ってると気づきながら律儀に見たままを打ち込むなw少しは疑うって事を覚えろ。

■218P  InterfaceLayer.m

<comment>お願い:以下のif(){...}else{...}を「変更」として表現してください</comment>

*そこは触れるな・・


他にも詰まった所あったかもしれないが思い出したらここに書くことにする。