Palo Alto globalprotect が Mac El Capitan で動かない場合の対処方法

概要

Palo Alto globalprotect のMacクライアントを El Capitanで動かす場合SIPがあるために動かない。
MACのリカバリーモードのターミナルで csrutil enable --without kext を実行し再起動すれは接続出来るようになる。

リカバリOSの起動

macを再起動し command (⌘) + R を押しっぱなしでApple ロゴが表示されれば、キーを押すのをやめる。
リカバリモードの起動を確認

csrutil コマンドを実行

ターミナルを起動する。(リカバリーモードの上部メニューにあります。)
下記コマンドを実行
csrutil enable --without kext
Macを再起動する。

確認

Kext Signing: disabled になっていれば、 globalprotect クライアントアプリは使える。
$ csrutil status
System Integrity Protection status: enabled (Custom Configuration).

Configuration:
 Apple Internal: disabled
 Kext Signing: disabled
 Filesystem Protections: enabled
 Debugging Restrictions: enabled
 DTrace Restrictions: enabled
 NVRAM Protections: enabled

This is an unsupported configuration, likely to break in the future and leave your machine in an unknown state.

参考

Download and Install the GlobalProtect Agent for Mac
Mac OSX El Capitan でのSIP対策 - I* HACK! ウェブ関連のタレコミ
Enabling parts of System Integrity Protection w… | Apple Developer Forums
https://qiita.com/karumado/items/1aaf0baaa944aa685ef5 の転記
Written with StackEdit.